出会い方の理想が違う方にはこんな方法も


リッチな男性には、デートクラブという方法もある


これは賛否両論ありますが、収入の高い男性で既婚者の場合、「安全に、割り切って交際したい」という願望を持つ方も多くいます。

もちろんリッチな男性ですから、お相手の女性もモデルのような若く美しい女性を求めるでしょう。

出会い系サイトでは、残念ながらこの分野の交際は望めません。

そこで割り切った交際を求めると、援助という名前の売春しかありません。しかもその女性たちの外見はお世辞にもロマンチックなものではありませんね。

リッチな男性は割り切ったお付き合いに、美しさとロマンチックさを求めているものです。

連れて歩けば、男性の誰もが羨ましそうに横目で見つめるような、そんな美しい女性とのデートがしたいのです。

もちろん女性の魅力は外見だけではありません。

しかし出会い系サイトで売春をしている女性は、その違法性はともかくとして、自分が商品だという自覚はゼロです。外見を飾る努力もなく、年齢も更年期の一歩手前。みすぼらしく頭の悪いおばさんが、使い古した穴を貸してお金をもらうだけです。

これは全くお勧めできません。お話になりませんし、そもそも違法です。

出会い系での売春はいくら「援助」などと言い換えても違法なのです。


デートクラブは違法なのか?

デートクラブが出会い系の売春と異なるのは、運営会社を介在させる点。年齢確認はもちろん、会員として個人情報を登録することになります。本人確認書類の提示も求められます。

男女ともに厳選な審査の上で会員となりますので、男女ともに匿名でセフレを見つけようというセコいことはできません。

会員になるためには運営会社の担当者との面談が必ずあります。男女がお互い安全を担保した上で、運営会社の管理下で会いましょうということです。

デートクラブという名前で呼ばれますが、サービスの別名は愛人マッチングです。

要するに、そういうことです(笑)

成人男女が、対価を伴う交際相手を探すマッチングサービスです。

これって援助交際と何が違うの?という疑問があるかと思います。

違法と合法の線引きの一つは、それがセックスの対価になっているかどうかです。また未成年者の場合は線引きも何もなく違法です。対価のあるセックスパートナーのマッチングを提供しているとしたら、運営者も違法であり逮捕されます。(売春防止法違反)

成人男女がお互いの話し合いの結果で決めた条件(対価を含む)で交際することは、違法ではありません。

東京都ではデートクラブ営業等の規制に関する条例があり、デートクラブを運営する会社は届け出なければなりません。逆にこの厳しい規制に沿った運営がなされている限り、違法ではないのです。

デートクラブは、未成年者ではないことを確認し、マッチングするまでの役割。そのあとは直接デートして、交際するのか、するとしたら条件はどうするのかという話し合いは本人同士の責任に委ねられます。

当然拒否権はお互いにあります。お金を払えば交際できるというわけでもないし、女性も会ったからお金をもらえるということではありません。そうだとしたらそれは売春であり犯罪です。

デートクラブという名前は、そういうニュアンスがあるのです。

デートしてから二人で決めましょうということです。

愛人関係に未来はあるのか?

よくそんな疑問を持つ人がいますが、未来などありません(笑)そういう目的ではないのです。

刹那かもしれませんが、男性は美しい女性とのロマンチックな逢瀬を楽しむだけです。女性も長期間に渡って恋人のように交際するだけ。お互い決めた条件を守って、一定の時期が訪れたらお別れする。

大人同士の関係です。

そこに肉体関係があるかどうかは本人同士の取り決めです。食事だけの関係でもいいと思うし、どこまでの交際にするのは大人同士が決めることです。

愛人関係の形はさまざまです。不倫というものとも違います。いつか時期がきたらお別れするのです。

男は経済的にも精神的にも大人でなければなりません。


安全なデートクラブはさほど多くはありません。現在人気があるのはユニバース俱楽部でしょう。リッチな男性はぜひ検討してみてください。

女性の方は面接のうえ、登録出来ます。

↓↓↓