ぽっきいメソッド

ぽっきいメソッドは極めてシンプルな仕組みです。

その大きな特徴の一つは、「自らアプローチしない」こと。

出会い界隈では今まで「負け犬のマインド」と言われてきた受け身の姿勢です。

出会い系サイトに限らず、おそらく世界中どこでも、「男は女に積極的にアタックしなければならない」というのが常識だと思います。もちろん積極的な姿勢は何事にも大切です。しかしぽっきいメソッドではこれをいったん忘れることにします。

女性のアカウントにむやみやたらとメールをして猛アタックするのではなく、「女性の方から自分に興味を持ってもらう」という発想の転換をします。

女性が自ら興味を持つきっかけを作るのが男性の役割と考えます。

これによって誰彼構わずメールをして気力を消耗することなく、女性に嫌な思いをさせることがなく、マイペースで上品な出会いを作っていくことが可能になります。

出会える女性は、決して掲示板に投稿をしていません。

男性の目に触れない形でサイトの中に存在しています。

ぽっきいメソッドの最大の魅力は、日記により自分の内面を表現し、それに興味を持ってくれた女性の方から「自分にアプローチしてもらう」というところです。

このおかげで感受性が近い女性と出会うことが可能になるし、見た目などの即物的な条件で査定されることは少なくなります。

ネットの出会いとは言え、リアルに近い感覚で出会えるのです。

それでは、ステップ①から順番に説明していきます。

ステップ①

使うのは大手出会い系サイト。なるべく会員数の多いサイトが有利です。登録をし電話番号を認証、年齢確認を済ませてポイントを3000円~10000円チャージしたらスタートです。サイトはいくつか使い分けてもいいかもしれません。

課金は最初に必ずしてください。

ぽっきいお勧めのサイト

無課金で出会いたい男性も多いと思います。だから課金が必要ないSNSなどで出会おうとする人は多くいます。しかし結果は惨めなものでしょう。

無課金の場所で出会える女性はどんな人物でしょうか?

無課金で出会える場所には「出会えない」男性が多くいます。その数が多いほどいいのは誰でしょうか。

そう、売春を持ちかける女と美人局などの詐欺師です。無課金で出会おうとするほど彼らのカモになるだけです。

ステップ②

プロフィールを作りこみます。コツは、誰が見ても魅力的な男性になり切って書くこと。

顔写真を載せる場合はプロに撮影してもらった写真を使いましょう。街の写真館に行くとSNS用の顔写真のメニューが用意されています。やはりプロの写真は印象が全く違います。

絶対にデフォルトのままの、パンツ一丁のアバターのまま放置しないでください。

自己評価はすべて満点にします。年収はたとえ200万円でもせめて500万円と書いておきましょう。カッコよさもオシャレさも満点で。

嘘じゃん、と思った方。実際と違っていてもいいんです。

上記は実際のぽっきいの自己評価です。嘘ではありません。俺は常に自己評価は満点ですから。

プロフも盛れない自信のない男は出会えません。自信とは自己申告制です。低く言う意味はありません。

自己アピールは一言ではなく、素直に自分の長所や今考えていることを書きましょう。

ただし「セフレ募集」「暇してます」なんて言葉は厳禁。

ステップ③(最重要)

次にやるのは、日記。

え、掲示板の女性の投稿にメールするんじゃないの?と言われるかもしれませんが、ポイントの無駄遣いです。ぽっきいメソッドでは、掲示板は一切使いません。そこに出会えるまともな女性はいません。

日記はぽっきいメソッドの要。日記を毎日書いていくことで、女性がそれを興味を持って読んでくれるようになります。そして、いいねやコメントをつけてくれるようになります。

これをきっかけにして交流を図っていくのが最も効果的な出会いの方法なのです。

自分の内面や生活の様子に興味を持ってもらい、女性が安心して接触できる男性としてコミュニケーションをスタートできます。これは非常に有利です。

ただし日記を見て貰えなければ全くの徒労です。どんな日記を書いて、どう運用していけばいいのでしょうか?

ステップ④

日記は毎日つけていきます。

それが出来たら苦労はしないと言うと思います。実際どういうことを書いていけばいいのでしょうか。これについては下記に書いていますので読んでください。

カンニングしたいという方は、ぽっきいのブログを参考にしてください。日記のテンプレートを公開しています。

日記テンプレート

この日記のパクリでも出会えている人はいますが、次第に自分独自の日記を書いていけるようにすると出会いは永遠に再生産できます。

ステップ⑤

日記を書くだけではその日記を多くの人の目に触れさせることは困難です。そのため、毎日の習慣にする作業があります。

まずは、女性の日記にいいねやコメントをこまめにつけること。日記の内容に対して評論や批判ではなく、共感と応援のコメントを書き込みましょう。

エロは厳禁。時代を感じさせる2000年代のギャル文字や(ぉはょ)、世代が分かって悲しくなる昔の若者のはしゃぎ方(いえーい)をしないこと。落ち着いて、知的で、優しい人柄を表すような足跡を残していけば、相手は必ずそれを見ています。

足跡を残していくことで、あなたの日記が多くの人に見られるようになり、コメントが増えることで人気がある人だと認知されるようになります。

あなたの日記がくだらない内容だった場合、むしろがっかりさせてブロックされる危険もあるので注意しましょう。

ステップ⑥

日記の目的を勘違いすると無意味。

理解したほうがいいのは、いくら日記で交流を持ったと言っても、相手はあなたとセックスしたいとは全く思っていないということ。少し会話が出来たからと言って、すぐにLINEを聞き出そうとしたり、会えますかやれますかと言っていては間違いなくブロックされるだけ。それでは日記がただの罠にしかなっていません。

日記は「ひっかけるための餌」ではありません。自分という人間に興味を持っていただく手段です。

相手とポイントを使ってメールを繰り返せるようになってから、直接会ってみるようなお誘いをするのが正しい流れです。

あなたの世界観を日記の上に表現して、あなたという人間に興味を持ってくれる女性が現れるのを待ちましょう。

どんな日記が有効なのか?

読者の女性に興味を持ってもらう日記にも、一定の傾向があります。それは、自分自身の生活の様子を描いていたり、自分の内面を表現していたりすると興味を持たれやすいようです。

たとえば、毎日自炊した食事を載せている男性もいます。手抜き料理のレパートリーがとても広くおいしそうで、女性にはウケがいいようです。男性から見ても酒の肴の参考になったりと、とても面白いですね。実際男性からのコメントも多くあるのも女性からの評価が高いポイントです。

内面を表現したものでは、自分の過去の物語やそこからくる人生観、悲しい体験、嬉しい体験など、喜怒哀楽を豊かに表現するといいと思います。離婚に至るストーリーをハラハラドキドキさせて書いている人がいて、性格もよく表現されていていい日記でした。

または過去に出会い系サイトを使って印象的だった出来事を書くのも面白いですね。自分の趣味のこともでもいいです。できる限り読み手を選ばない、マニアックではない話題がいいと思います。マニアックでも構いませんが入り口を狭めてしまいます。

逆に避けたほうがいい日記は、自分の政治ポリシーの主張、仕事の愚痴、同僚の悪口、会社への批判、出会い系サイトへの批判、女性の悪口、世の中への不平不満、などです。共感する女性は極めて稀で、いたとしても親しくなりたい人格ではありません。

上手な文章ではなくていいし、面白くなくてもいいんです。毎日書いて、女性の日記にいいねやコメントを残すことだけで結果は出ます。無理は続きません。息をするように気楽に自分の生活や感情を書き綴っていきましょう。

SNSと連動させるとさらに効果は絶大に

出会い系サイトの日記だけではなく、日記の中でさりげなくSNSのアカウントを紹介すると効果が増します。出会い系では表現しきれないものを読者に提供できますよね。

一つのメディアから、違うメディアに誘導することで、例えばTwitterやInstagramならフォロワーが増えたり、ブログなら購読が増えたりもします。また、SNSのフォロワーを日記に逆に誘導して読んでもらったりすると、今度は日記の読者が急増します。読者が多い日記を書く人はそれだけで出会いやすくなるでしょう。

この繰り返しで、日記のクオリティにあまり影響されず閲覧数を増やすことが出来るんです。

同じ日記を複数のサイトに掲載しても効果はある?


結論から言うと、効果があります。

出会い系サイトの多くは女性の利用を無料にしていますが、あちこちのサイトを掛け持ちしている女性は多くはありません。女性にとっては出会い系サイトに登録することはたとえ無料でも男性以上に勇気があることなのです。多くは一つのサイトしか使いません。

「あれ?この日記、あっちのサイトでも見たな」って思われることはごく稀です。複数のサイトに同じ日記を投稿しても効果はあります。

ただし、サイトによって日記の内容に制限がある場合があります。アダルト内容はすべてNGのサイトもあり、あるサイトでもOKだったのに、違うサイトでは消されてしまうこともあります。アダルト内容がOKなのはワクワクメールとハッピーメールのみです。

日記が書けない・・・という方は日記テンプレート

ホームに戻る