課金を避けると絶対に出会えません

課金しない限り、永遠に出会えません

出会い系サイト、マッチングアプリともに、当然ボランティア団体ではありません。無料サービスではありませんよね。

男性は、課金をしなければ異性とメールすることができない仕組みになっています。女性は無料ですが、男性は有料なのです。

日記を読むことはどのサイトも無料でできます。コメントも無料です。しかし相手が気になって直接メールをして交流したいと思っても、課金をしなければメールはできません。

コメント欄で出会い目的のコメントをしたら、一瞬で強制退会となるか、お相手からブロックされて終わりです。

課金しなければ永遠に会うことは不可能です。

出会い系とマッチングアプリの課金の違い

出会い系とマッチングアプリでは課金の仕方が違います。

【マッチングアプリ】

こちらは定額制です。サブスクリプションという継続課金の仕組みを使っています。1か月更新~1年更新とコースが分かれていることが多く、それに応じて利用料を支払います。

料金を払えばいくらでもメールが出来るのですが、オプションを購入しないと実際は使い勝手が悪くなります。基本料金だけでは相手にする「いいね」の数が限られます。アプローチ数に制限があるのです。この「いいね」は基本料金の他に別売りで買わなければなりません。

マッチングアプリは半年更新だとしても、実質3万円程度が必要になります。

出会い系サイト

出会い系サイトの場合は、従量課金の方式がほとんどです。(ラブサーチなど一部は定額制)

あらかじめポイントをまとめて購入し、メール一通送るごとにポイントを消費していく仕組みです。

サブスクリプションで定額制の方が利用者が増えるのでは?と思った方もいるかもしれません。定額制で数万円課金してメール送り放題にした方がサイトも盛り上がっていいのでは?と考えがちです。

なぜ出会い系サイトは今でもポイント制なのでしょうか。

それは、初めて利用する人のハードルを低くしているという事情があります。3000円だけ課金して利用できるサイトもあります。慣れてきたら5000円、1万円と課金することが出来ます。マッチングアプリのようにいきなり万単位の課金を要求されたら、男性は抵抗感しかありません。

それに、ハードルを低くすることによって、数多くのサイトに登録することができますよね。マッチングアプリは3000円だけで試しにやってみることができず、利用するアプリは一つだけになりがちです。(女性は無料なので複数のアプリに登録していますが)

そして一番大きいのは、こまめに課金していけば相手が見つかった時にポイントの無駄がなくコスパがいいということ。マッチングアプリは婚活目的であるため、相手が見つかると「退会」を要求されることが多いのですが、定額制なので課金を捨てて退会することに抵抗感があります。

その点、出会い系であれば多少ポイントが残っていても退会することが出来ます。事情があって再度登録しなおすことも簡単です。

昨今、マッチングアプリが優勢だと思われがちですが、売上の規模としてはいまだ出会い系サイトに軍配が上がります。男性会員にとっての使い勝手がまるで違うのです。


※出会い系サイトとマッチングアプリの明確な分け方や定義はありません。マッチングアプリは「恋活」などの言葉とともに従来の出会い系サイトと差別化を図っていますが、マーケティング上の戦略でしかなく、実態は同じです。

課金することに抵抗感がある?

出会い系サイトに登録しているのに課金しない人は一定数います。

●一度も課金したことがない

●かつてどこかで課金したことがある

と二つの種類の人がいます。

前者はおそらく、課金することの価値をまだ確信できないのかもしれませんね。お金を払って見合う成果が出るのか、お金を払ってまで出会いを探すべきか、と疑っている感じでしょうか。

でも、出会い系で課金する金額などせいぜい3000円~多くて数万円です。デートクラブや結婚相談所であれば、1人と会うだけでも比較にならないほど高額になります。それはあくまでも会うだけであって、交際できるとは限らないのです。

それに比べたら、出会い系は安価で多くの人と出会えるチャンスがあります。

出会えるかどうかは自分の努力次第です。利用者の半数以上の人が一人以上と出会っているのが現実です。


一方、後者の方は、もしかしたら過去にあまりいい体験が出来なかったのかもしれませんね。

お金をある程度使ったのにいい出会いにならなかった、1人とも会えなかった、返事すら来なかった。出会い系は業者だらけで出会えるわけがない、などと言う人を多く見ます。

しかしそれは正しいやり方を知らなかったからでしかありません。

出会えないのは出会えないやり方、出会えなくさせる自分の間違いがあったからでしかありません。ぽっきいメソッドに出会ったからには、きっと結果が出ます。もう一度課金してやってみましょう。

高額課金をすると優遇を用意しているサイトもあります。

高額課金のメリット


ホームに戻る

(参考)

無料の出会い系サイトはなぜないのか?

現在40代以上の方は、出会い系の黎明期に課金の必要ないサイトがあったことを覚えていると思います。

有名なところではスタービーチなどがありました。スタービーチは2000年代初頭は最大のアクセス数を誇る巨大出会い系サイトでしたが、2009年に姿を消しました。

無料サイトがほぼ消えたのは、出会い系サイト規制法が強化された影響です。

未成年者の利用を防ぐために運営会社は公安委員会への届け出が必要になり、会員に対しては証明書などによる年齢確認を実施することが義務付けられました。

特に年齢確認は運営会社にとって莫大な費用がかかります。ほどんどの運営会社は小規模の会社であるため、確認作業を外注しているようです。当時の無料サイトは広告費だけで運営していたので莫大な費用を負担する余裕はなく閉鎖となったのです。

年齢確認の問題に加え、売春などの取り締まりや、会員に紛れた悪徳業者(美人局や詐欺)にも対応しなければならず、継続は無理になったようです。

現在でも無料サイトはありますが、無料サイトに群がる男性は質の問題があり、女性が避ける傾向があります。出会いにお金を払う意識がない男性が安易な出会いを期待している様子を想像すると、場の荒れ具合も簡単にイメージできます。TwitterなどのSNSで出会いを求めている男性の質はどうでしょうか?ひどいものですよね。無料サイトで出会おうとする女性は、無知なのか、知的に低いのか、いずれにしてもまともではないでしょう。

無料サイトやSNSでの出会いは、業者や犯罪者も多く潜んでいて、深刻な事件につながる可能性も低くはありません。なるべく利用は避けたほうがいいかもしれません。