経験人数1万人。ぽっきいが教える再現可能な出会いのノウハウ

セフレさん、いますか?

男性も、女性も、「婚外恋愛」や「セフレ」に興味を持っている人が少なくありません。道徳的には決して褒められたものではありませんが、世の中にはそれが必要な人も確かにいます。

例えば、夫婦間のセックスレスに悩む男性は大勢います。たかがセックスとはいえ、セックスレスに陥ると自分の人格まで否定された気持ちになるものです。それでも夫婦関係を終わらせるつもりはないと思うと、解決策は「我慢する」か「セフレを作るか」しかありません。もちろん罪悪感もあるけれど、今は身体を満たすことが必要。それも配偶者とは出来ないことが出来ること。それがセフレが欲しい人の正直な気持ちだと思います。そこで相手を見つけようとするのですが、多くの人は出会う方法を知りません。

出会い系サイトをやってみるものの・・・

出会い系サイトをやっても約50%の人がたった一人とさえ出会ったことがないのが現実です。一定額の課金をしても全く出会えなかったとき、「出会い系は詐欺だ」とか「出会い系には売春婦しかいない」とか泣き言を喚きたくもなるでしょう。でも残りの50%の人は、確かに出会ったことがあるのです。しかも1人ではなく、定期的に何人ものパートナーを見つけています。

収入に格差が広がる現代で、出会いとセックスにまで格差が広がることに絶望を覚えるかもしれません。でも安心してください。出会える・出会えないは容姿や年収の差ではなく、出会う技術を知っているかどうかなんです。

その出会う技術について、ネットではいろいろ書かれています。でも多くは属人的で、再現性がありません。

そこで出会うのが難しい方のために「ぽっきい」が出会いをプロデュースする方法をぽっきいメソッドとして公開しています。

恋愛がうまく出来るかどうかはともかく、出会うだけなら単なる作業です。「歯を磨く方法」と同じく、難しい技術は必要ありません。誰でもできます。

不謹慎かもしれませんが、出会い系で出会ってしまい事件を起こす男女がいますよね。無職のハゲ散らかしたおっさんに会いに行き殺されてしまう女性がたまにいます。そのくらい、出会いと言うのは一定のスキルが備われば簡単に何度でも再現できるものなのです。

出会えないのはあなたの人間力のせいだけではありません。

ぽっきいメソッドとは?

出会いとは、科学です。

恋愛は方程式も最適解もない漠然とした感情の引き潮と満ち潮のようなものですが、見知らぬ二人が遭遇するという「出会い」だけであれば、それは再現性について既に答え合わせが終わっている分野なのです。

出会偶然と奇跡に満ちているロマンチックなもののようでいて、実は「意図的に」「何度でも」「誰でも」再現できるプロセスが存在することが分かっています。

ぽっきいメソッドは、その再現性をシンプルなノウハウにまで落とし込んだ方法論です。 自己流のアレンジを加えることなく、正確に実行すれば一定の効果が得られます。

ぽっきいメソッドを簡単に言うと、三つの行動を繰り返すことです。

1、興味を持ってもらう仕掛けを作る

2、関わってもらう流れを作る

3、一定のルールに従ってコミュニケーションをする

一見難しく感じるところもありますが、初めてみると簡単です。経費も最小限で済むので取り組んでみてください。

ぽっきいメソッド

ぽっきいについて

47歳。北海道函館市生まれ。18歳から夜の世界の住人。毎日新規とセックスを1000日連続を2回完走。そんなくだらない記録づくりで気づいたこと多数。Twitterアカウントは、https://twitter.com/pockysuburbia

2010年から続けているぽっきいブログはhttps://67.xmbs.jp/pockyweb/

新しいぽっきいブログ→https://pockypower.hatenablog.jp/

真剣な婚活・恋活を考えている方向けのブログ→https://pockysuburbia.hatenablog.com/

こちらではマッチングアプリの使い方を解説しています。

Eri(アシスタント)

ぽっきいブログのアシスタント。26歳♀ 記事の編集や校正、取材などを行っています。出会い系サイトに登録して体験談などもやっていきます。

世の中の“出会い指南”は再現性がない


最近、「出会い指南」をする、自称ナンパ師のような輩がネットにたくさんいます。残念ながらその指南を真似しても出会えるようにはなりません。実は、そのノウハウが属人的で、本人にしかできないことが多いのです。

そのノウハウに、「再現性」がないからです。

プレーヤーとして一流でも、教えることが全くできないプロ選手はたくさんいます。彼らの中ではスキルやノウハウは意識の底に沈んでしまっていて、教える時に理論として言葉に出せません。

出会い指南をするのであれば、そのノウハウで誰もが出会えなければ無意味です。指南とはそういうものなのです。

ぽっきいのノウハウは再現性がテーマです。素直に取り組めば誰にでもできます。
そしてすべて無料。お金は出会い系を使う時のポイント料金とデート代に使ってください。このサイトは出会い系サイトの広告料で運営しています。個別に読者さんに何かを売りつけることはありませんし、広告料のために悪質なサイトを紹介することもしません。

出会うための6つのこと

ぽっきいメソッドで出会えるのは間違いありませんが、その出会いを楽しく確実なものにするためには、6つの意識が必要です。

①外見が良くても出会えない

もちろん外見や人間性が良ければ、女性にモテることもあるのかもしれません。では世の中のモテる男性がみんなそうかというと、全く違います。

人間性が優れた高齢の未婚男性や、イケメンだけど女性に縁のない若い男性は周りに必ずいるものです。

かと思うと、決してイケメンではない薄毛の中年男が若い女性と次々と出会っている光景も見かけます。これは何故でしょうか。

出会いは外見や人間性よりも、出会える仕組みを持つ人が成功しているという、シビアな部分があります。

ぽっきいメソッドを極めると痛感すると思います。

②勝手に興味を持つと嫌われる

相手に興味を持つのがコミュニケーションの大前提とどこかで教わったかもしれませんが、男女関係では少し事情が違います。

女性は見知らぬ男性に勝手に興味を持たれることに不気味さを感じます。ところが男性は逆なので、女性のプロフィールをしつこいほどよく読み「好きな食べ物はお寿司なんだね」などと突然話題に出したりします。男性はそう言われると嬉しくなりますが、女性は非常に嫌うのです。女性は自分に興味を持たれるのではなく、男性が興味を持たせてくれた時に喜びます。

男性が出会いを量産しようと思ったら、女性が影から匿名で興味を持ってくれる状況が必要です。女性にとって興味を持たれるのは恋ではありません。自分が興味を持つのが恋なのです。

③強引さは情熱ではなくて犯罪行為

女性はわざと拒否をしてくるので背中を押してあげる強引さも演出として有効、なんていうのは昭和の話です。

今では強引さ・しつこさはもしかしたらセクハラや性的暴行として訴えられるかもしれません。女性は決断のために「言い訳」を求めている、だから強引さが好かれる、というのは昭和世代の幻想です。女性はそれを断ることもストレスですね。

ぽっきいメソッドでは、しつこくアタックすることはありません。男性も女性もストレスなく、自然な形で出会えるような仕組みを持っています。

④セフレ関係には賞味期限がある

セフレや不倫相手がもしかしたら永遠に関係を持ってくれると勘違いする男性が必ずいます。「セフレは見つかった、あとは家庭とどう両立するかだ」などと言ってしまう恥ずかしい男性をネット上で見かけます。

残念ながらセフレ関係には賞味期限があります。それはせいぜい三ヶ月。賞味期限が過ぎたら別れも言わずに自然消滅する関係です。未練も後悔もなし。連絡先も記憶もデリートしてください。

セフレの賞味期限を過ぎても食べ続けていると腹を下すのです。そんな危険な食事の仕方を繰り返すことでいつか身体を壊すように、人生が死んでしまいます。

⑤それが恋愛だと勘違いしない

大多数の男性が、セフレとの付き合い方を間違えてしまいます。どんなに親しくなっても、所詮はセックスで割り切った期間限定の関係。お互いの生活を詮索したり嫉妬したりは厳禁。頻繁に会おうとしたり、不倫関係になろうとするとお互いの人生が壊れていきます。

リップサービスでの恋愛ごっこならいいかもしれませんが、そんな小粋なことが出来る男性はここを読んでいないはずです。

セフレ関係を不倫にしないために、あえて不便のあるパートナーを選ぶのもいいアイデアです。東京に住んでいるのに宮崎県のセフレがいれば、滅多に会えず不倫関係にはなりえませんね。

自分を律することが苦手な人は、セフレ選びは「不便、不都合」が逆に好都合に働きます。

⑥SNSのDMでは絶対に会わない

出会い系サイトはどこも有料で年齢確認や電話認証が必要ですが、TwitterやInstagramのDMは無料で誰にでも気軽に使うことができます。DMで出会えたら安上がりだし・・・と考えていませんか。

でもこれ、危険です。

未成年と関わってしまったり、美人局などの恐喝に巻き込まれかねません。今どきはDMで会いたがる女性=犯罪グループの構成員考えても大げさではありません。

出会いは必ず老舗の出会い系サイトを使いましょう。出会い系サイトの年齢確認や電話認証は防犯目的にとても有効なのです。

ぽっきいお勧めのサイト


ぽっきいメソッド

メソッドとは別の方法論も・・・大量行動によるアプローチ